目指す子ども像

園の沿革

感恩講は、「報恩感謝」と「周急」の二つの基本精神に恤救活動を中心とした貧民救済事業を長年展開してきました。 この精神は、当園の日々の保育においても常に実践されています。

明治15年 町の中心部にある郡役所の地に、当園の母体である浅舞感恩講創立。 篤志家による寄付金・寄付米等を基本財産として創立
明治17年 帝室の恩賜金も加えられる
昭和11年 無料託児所開設
昭和22年 農地改革により、講の田畑が解放され、恤救活動は中断
昭和26年 社会福祉法人創設。 保育事業を再開し、現在に至る。

園の概要

名称 社会福祉法人 浅舞感恩講保育園(認可保育施設)
理事長 佐々木 智
園長 高橋 弘美
住所 秋田県横手市平鹿町浅舞字浅舞221-1
電話/FAX 0182-24-1148/0182-24-3745
認可定員 90名
アクセス
交通手段
(路線名)
最寄駅/
停留所等
所要時間
羽後交通バス
(本荘線)
浅舞栄町 徒歩2 分
JR奥羽本線 横手 車15 分

〒013-0105
秋田県横手市平鹿町浅舞字浅舞221-1
TEL:0182-24-1148
FAX:0182-24-3745